そんなふうに心配をしている人もいるかもしれません。
では、導入後の変化について紹介します。

マイナンバー制度の導入で何が変わる?

マイナンバー制度を導入している国は、日本だけではありません。
日本よりも早く導入しているアメリカ、イタリア、ドイツ、オーストラリアでは、すでに導入され、弊害が発生しています。
マイナンバー制度を導入する事で、国の狙いは脱税を厳しく取り締まる事です。
つまり、今までは見逃されていた人も税金逃れが出来なくなります。
そして、脱税は過去5年分を遡って請求する事が可能なので、脱税が発覚すると5年分の税金をまとめて支払う必要がある人も
出てくるかもしれません。
そのため貧困層な人は、ますます貧困が悪化したというデータも各国で存在します。
なので、結果として考えられるのは、風俗嬢が激減する事よりも、貧困化した人が税金を支払うために、
風俗業界に足を踏み入れる人が増え、風俗嬢は逆に急増するのでは?と考えられます。
ただし、ここで風俗嬢になる人が増えると、風俗嬢の供給過多のバランスが崩れ、風俗店の価格が安くなり、
風俗で働いても、稼げない風俗嬢が現れるようになるかもしれません。

マイナンバー制度はしばらく様子見?

ですが、今後マイナンバーと銀行口座を紐づけする予定と言われていますが、現状ではまだされていません。
そのため、今すぐに先ほどのような変化が風俗業界に現れるというわけではなく、
今後紐づけされたら、そうなる可能性が高いという仮定の話です。
それよりも、今すぐに注意して欲しい事は、マイナンバー制度の導入に関して、よく分からずに不安を感じている人がいると思います。
そんな人に関して、風俗、マイナンバーと検索すると、詐欺サイトや迷惑サイトにヒットする可能性が高く、
言葉巧みに騙されてしまう事があるので、すぐに変わるわけではないので、しばらくどうなるのか様子見をしてみてはどうでしょうか?

関連する記事