今まで確定申告をしてこなかった風俗嬢にとって、マイナンバー制度の導入した事で、どうなってしまうの?
そんな不安を抱えている人も少なくないでしょう。
では、風俗嬢が行うマイナンバー制度対策について紹介します。

マイナンバー制度対策

風俗嬢は基本的に、個人事業主という扱いになります。
そのため、会社に従業員として雇われている人と比べると、たくさん税金を支払わなければいけません。
では、マイナンバーが導入された事で、風俗嬢はどのような対策をするべきなのか?というと、
確定申告をして、定められた税金を支払う以外の方法はありません。
なんとかして今までのように、確定申告をせずにすませたい、そう考える人はいるでしょう。
しかし、マイナンバー制度とは、脱税を防ぎ、確実に税収を増やすために国がスタートさせた制度です。
個人のお金の動きは、一目瞭然となってしまうため、逃れるすべはありません。
むしろ、脱税をして捕まったり、追加懲役で罰則金を支払う事になる事を考えたら、キチンと支払う事が得策だと言えるでしょう。
そのため、支払う税金の金額を考慮した上で、働くシフトを決め、税金で支払うお金は別にとっておきましょう。

マイナンバーの取り扱い

マイナンバーは、非常に重要な個人情報となります。
もし仮に情報流出してしまったら、お金の動きなどが凄くプライベートな事が他人に丸裸にされてしまう恐れがあります。
ですから、マイナンバーを気軽に人に教えてはいけません。
勤務する風俗店には教える義務がありますが、個人情報をキチンと管理してくれる信用出来るお店なのかどうか、
より、お店選びが重要となってくるでしょう。
あなたが期待したような、マイナンバー制度対策はないとガッカリしたかもしれません。
ですが、マイナンバーが導入されてしまった事実をなかった事には出来ないので、仕方がないと諦めるしかありません。

関連する記事