マイナンバーの制度が導入される事で、風俗嬢にどのような悪影響があるのでしょうか?
国はただマイナンバーを配布するだけで、詳しい説明をしてくれませんよね。
なので、マイナンバー制度が与える悪影響について説明をしていきます。

マイナンバー制度が与える悪影響

マイナンバー制度が導入される事で、周囲に風俗店で働いている事がバレる事はありません。
ですが、それよりも心配しなければいけない事は、国に対して収入が一目瞭然になってしまうという事です。
マイナンバー制度により、風俗店は誰にどれだけ給料を支払っているのか明確にしなければいけませんし、
また風俗嬢は、銀行口座とマイナンバーを紐づけされるため、お金の動きが丸わかりになってしまうのです。
例えば最近多いのは、昼間はOLとして働いていて、夜に副業で風俗嬢をするケースです。
副業の場合、本業で税金を支払っているから、副業分は税金は支払う必要がないと思っているかもしれません。
ですが、税金は収入額によって支払う金額が変わってくるため、副業で収入が増えれば、当然おさめる税金額は変わってくるわけです。
そのため、風俗での副業分の税金をおさめていない場合は、税務署から指摘を受けてしまう事になります。
風俗店は、従業員のマイナンバーを管理しなければいけません。
なのに、入店してもマイナンバーを尋ねてこない店に対して、ラッキーだと思ってはいけません。
むしろ、法律で定められた行為を行っていないわけですから、違法行為を平気で行う悪質な風俗店の可能性があります。

確定申告をする必要性

マイナンバー制度が導入された事で、以前よりも脱税がバレやすい状況になりました。
そのため、今までは見逃されていた脱税でも、これからはバレてしまうかもしれません。
バレてから脱税容疑として逮捕されたり、追徴課税で余分に税金を支払う事になるリスクを抱えるよりも、
確定申告をして、税金をおさめた方がマシだと言えるでしょう。
ただ、風俗店の多くは会社のように従業員の確定申告を会社がまとめて手続きしてくれるわけではありません。
風俗嬢が各個人で行わなければいけないため、方法が分からないという人も多いでしょう。
ネットからでも確定申告が出来るようになりましたが、必要資料や必要項目に正しく入力する事が難しいと感じるでしょう。
そのため、最初はお金がかかりますが、税理士に相談しいろいろやり方を教えてもらう事をおススメします。

関連する記事